もてる方法

このサイトのおかげで、
モテました!
posted by pp at 13:09 | 日記

もてる方法

多くの場合、ごく短時間のうちにその絶頂にまで達することも少なくない。もしこれが望み通り相手から受け入れられるともなれば、人は自分たち以外の誰も目に入らなくなるだろうし、また他人からのいかなる忠告も耳に入らなくなってしまう人も存在する。しかし、それが叶わないもの(失恋)となれば、逆に人生のすべての努力がむなしく、また生きている甲斐すらないとまで考える人も存在する。古来、失恋による自殺はその例も少なくない。また感情のエスカレートから犯罪を誘発することも多々ある。

恋愛は性的な行動を伴うことがありうる点、特定の他者に向けられる独占的感情である点で、親子の間の愛や友情とは区別されるが、性的な行動を伴わないプラトニック・ラブもある。また、自分の理想の異性と付き合っている自分自身に恋をしたり、周囲に流されるまま「流行」の異性と付き合うものも、若い世代にままみられる。その一方年齢差、性差さえ超越した枠に囚われない恋愛観も徐々に受け入れられて来ている。

古来より多くの芸術、娯楽作品で扱われる主題である。現代の日本では少女漫画、歌謡曲、などは特に恋愛を扱うものが多いとされる。海外でも、ビートルズの全楽曲の歌詞を見ても"I"の次に"Love"が多い。

国籍の異なる男女間での恋愛を国際恋愛と呼ぶ。近年の日本において、それは増加の傾向にあり、一部には結婚に至るカップルもいる。近年、日本人女性の間では、外国人女性と日本人男性の組み合わせのカップルへの偏見が高まってきているとの指摘がある(国際結婚を参照)。

[編集]
恋愛の歴史
日本では、古くから恋は和歌のもっとも多い題材であり、物語文学でも貴族の恋模様を描いたものが多い。その一方で、もともと日本には恋愛はなく、近代になってロマンチック・ラブが入ってきてはじめて二者間の関係としての恋愛が行われるようになったという主張もある(この項stub)

[編集]
著名な恋愛カップル
posted by pp at 18:07 | 日記

もてる方法

恋愛(れんあい、英語love フランス語amourの翻訳語)は、人間が異性または同性に対して抱く情緒的で親密な関係を希求する感情で、またその感情に基づいた一連の恋慕に満ちた態度や行動を伴うものである。




posted by pp at 18:04 | Comment(7) | TrackBack(11) | 日記

もてもて

近年は、不倫に寛容な風潮が一部に現れたり、セックスフレンドなどの男女関係が認知されるなど、性愛と愛情が分離した関係性も社会的に認められるようになり、ロマンチック・ラブの形骸化もおこっているが、ロマンチック・ラブにもとづく恋愛結婚にこだわり、不倫に抵抗感をもつ若者は今なお多数派といえる。

かつては小学生や中学生が相手に恋慕の感情を抱いても、周囲の妨害や社会的規範から交際に発展しないことが多かったが、今では小学生や中学生のデートも少なくない。ただし女子小学生が中学生以上の男性と交際したり、女子中学生が高校生以上の男性と交際するのは、非行へ発展することも多いと見られ、双方にとって社会的リスクを伴う。とくに成人男性が15歳未満の女性と交際していた場合は、男性は少女愛者と見なされるであろう。
posted by pp at 23:56 | 日記

moteruhouhou

1990年前後バブル景気の日本では恋愛で消費行動が重視される傾向があり、「このとき(イベント)にデートするならばここ(流行の店など)」「何度目のデートならどこにいく」というようなマニュアル的な恋愛が女性誌やトレンディドラマなどで盛んにもてはやされた。「アッシー」(車の運転担当の男性)「メッシー」(女性に食事をおごる男性)「ミツグ君」(女性の買い物にお金を出す男性)など何人もの男性を交際相手として使い分けると言う女性がマスコミで盛んに取り上げられ、男性側がどれだけ金を使ったかを愛情の深さの基準として測る風潮が非難されたりしたが、これにより「一対一の関係」や「純愛」というロマンチック・ラブの規範から逸脱した恋愛関係が若い世代にも広く認知されはじめたといえる。
posted by pp at 23:56 | 日記

女にもてる方法

女にもてる方法?
posted by pp at 04:11 | 日記

もてる方法を教えてくれー

もてる方法を教えてくれー
posted by pp at 04:33 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。