もてもて

近年は、不倫に寛容な風潮が一部に現れたり、セックスフレンドなどの男女関係が認知されるなど、性愛と愛情が分離した関係性も社会的に認められるようになり、ロマンチック・ラブの形骸化もおこっているが、ロマンチック・ラブにもとづく恋愛結婚にこだわり、不倫に抵抗感をもつ若者は今なお多数派といえる。

かつては小学生や中学生が相手に恋慕の感情を抱いても、周囲の妨害や社会的規範から交際に発展しないことが多かったが、今では小学生や中学生のデートも少なくない。ただし女子小学生が中学生以上の男性と交際したり、女子中学生が高校生以上の男性と交際するのは、非行へ発展することも多いと見られ、双方にとって社会的リスクを伴う。とくに成人男性が15歳未満の女性と交際していた場合は、男性は少女愛者と見なされるであろう。
posted by pp at 23:56 | 日記

moteruhouhou

1990年前後バブル景気の日本では恋愛で消費行動が重視される傾向があり、「このとき(イベント)にデートするならばここ(流行の店など)」「何度目のデートならどこにいく」というようなマニュアル的な恋愛が女性誌やトレンディドラマなどで盛んにもてはやされた。「アッシー」(車の運転担当の男性)「メッシー」(女性に食事をおごる男性)「ミツグ君」(女性の買い物にお金を出す男性)など何人もの男性を交際相手として使い分けると言う女性がマスコミで盛んに取り上げられ、男性側がどれだけ金を使ったかを愛情の深さの基準として測る風潮が非難されたりしたが、これにより「一対一の関係」や「純愛」というロマンチック・ラブの規範から逸脱した恋愛関係が若い世代にも広く認知されはじめたといえる。
posted by pp at 23:56 | 日記

女にもてる方法

女にもてる方法?
posted by pp at 04:11 | 日記

もてる方法を教えてくれー

もてる方法を教えてくれー
posted by pp at 04:33 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。